<< あ、気づけばもうすぐ10万。 低温注意報。 >>

緊急時のロールプレイング

ってタイトルですが・・・


今日の業務終了後、職場内で急変者が出た場合のシミュレーションとして、

ロールプレイング形式の研修を行いました。

内容は、患者役や、第一発見者役、リーダー役に分かれてそれぞれの役柄を体験して、

緊急時応対の方法について理解し、疑問があれば話し合う、といった感じです。


血圧計と体温計を持ってきてください、とか

ソーシャルワーカーとナースに連絡してください、とか

そういうのは慣れれば(ってそんな機会なかなかないですが)覚えるとは思いますが、

急変者を前にして、その人の状況を正確に伝えることって大変だなって思いました。


何の疾患を抱えた誰が、何時ころ、どんな状態になり、どういう対処をして、

現在はどういう状況か、などといったことを伝えるのですが・・・

客観的に言うのがなかなか難しかったです。


例えば・・・ 意識状態を伝えるとして、

「意識はあります」というよりも、「JCSでⅡの10レベルです」と答えるのが良いのですが・・・

なかなかスッと出てこないですね。


うーん・・・ ロールプレイング形式の研修って久し振りでしたね。

前の職場でもこういった研修はありました。

基本的になんか苦手ですが・・・ 勉強になりますよね。


といった感じで・・・ 今日はこの辺で。
[PR]
by kimihinak | 2008-01-21 22:50 | 独り言。。。
<< あ、気づけばもうすぐ10万。 低温注意報。 >>