<< ダッチオーブンでロールパンのレシピ どうりで・・・ >>

蒸し鶏&ラーメンのレシピ

ってわけで・・・ 昨年のスタッフドチキンに続く、チキン料理第2弾です。


材料は・・・ 丸鶏1羽と、中華麺、塩、あさつき・・・ それだけかな(^_^;)

今回は、「マルタイラーメン」というのを使ってみました。

c0070412_17334692.jpg


なんとなく「あっさりスープにはこんな麺が合うかな」と思って、これにしました。

北海道らしくちぢれ麺を使ったり、麺はいろいろと工夫してみるのも面白いかと思います。

c0070412_1730294.jpg


えっと・・・ ダッチオーブンに底網を敷いて、鶏が鍋肌につかないようにします。

プレヒートしないで、強火で3~4分熱します。

すると、少しパチパチいいだして、湯気が出てきます。

c0070412_18303659.jpg


そこで、水を50cc入れて、すぐ蓋をして、火が消えそうなくらいの弱火にして、

そのまま1時間半待ちます。 ダッチオーブン料理は時間がかかりますね。

けどその分美味しい料理が出来ると思えば、待ち時間も楽しいものです(^^)


しばらくすると、うっすらと蒸気がでてきたり、ウォーターシールができたりします。

・・・ここで一応用語の解説をしておくと、「ウォーターシール」とは、

フタをすることで中の水蒸気が充満し、ダッチオーブンの特徴の一つである

「無水調理」が可能となり、この水蒸気が本体と蓋のわずかなスキ間を埋める

「ウォーターシール(水蒸気でできた膜)」となるため、食材の旨みを封じ込めることができます。

これが高い密閉状態を作り出し、圧力鍋の効果があるんですよね(^^)b


・・・でまあ、1時間半くらい蓋を開けずに待ちますと、

c0070412_17501116.jpg
c0070412_17502771.jpg


うっすらと黄色く汗をかいたチキンができあがります。

見た目はあまりわかりませんが、中まで充分に火が通ってます。

そして、底には、旨味がたっぷり入った純粋な鶏のエキスがたまってます。


ここで、一度チキンを取り出して、底網をはずして、お湯を700~800cc加えます。

そして塩で味をみながらスープの味を調整していきます。 

灰汁も出てきますので、それも丁寧に取っておきます。

と同時に、麺を茹でて、しっかり水切りして、

チキンを鍋に戻したその周りに麺を入れていきます。

c0070412_17583091.jpg


という感じで、とってもシンプルだけど、とっても美味しい「蒸し鶏&ラーメン」の出来上がりです☆

c0070412_182992.jpg
c0070412_182206.jpg


簡単に盛り付けて、あさつき(今回はドライタイプにしました。便利でしたよ)を加えて、食べました。


なんというか・・・ あっさり塩味ラーメンでしたね。

油も何も加えてないのに、うっすらと油膜がはってました。

塩だけで味をつけましたが、あまりいろいろと味付けしなくても、充分美味しかったですね。


次の日にもう一度温めなおして食べたスープも、美味しかったですよ☆

これで得意料理がまた一つ増えましたよv(^^)v


今年のキャンプは・・・ こればっかり作ると思いますよ(笑) 

みなさんよろしくお願いしますね(^^ゞ
[PR]
by kimihinak | 2006-06-05 18:06 | 食べたもの
<< ダッチオーブンでロールパンのレシピ どうりで・・・ >>